エコキュート|オール電化・蓄電池・太陽光発電

エコキュート

ヒートポンプ技術を利用し、 空気の熱で湯を沸かすことができる電気給湯機の中で、冷媒としてフロンではなく二酸化炭素を使用する機器が「エコキュート」です。
「エコキュート」の名称は、日本の電力会社・給湯機メーカーが使用している愛称で関西電力の登録商標であり、「自然冷媒ヒートポンプ給湯機」が正式名称です。

エコキュート機器

エコキュートのメリットとデメリット

メリット

●従来式燃焼式給湯器と比較して給湯にかかる光熱費が抑えられる。
●タンクにお湯を貯める仕組みである事から、地震などにより水道が断水してもタンクの水を非常用水として活用できる。
●地震などによってライフラインが停止した場合、ガスは復旧に時間がかかるが、電気は復旧が早いため、長期にわたって温水に困ることがなくなる。
●ヒートポンプ技術を使うことで、給湯の省エネルギーが実現できる。

デメリット

●空気熱を利用するという機器の特性を活かせない冬は給湯にかかる光熱費が高くなる。
●貯湯タンクが必要なため、ある程度のスペースを必要とする。
●深夜に運転開始することから、近隣から機械の騒音トラブルになることがある。




メリット

●従来式燃焼式給湯器と比較して給湯にかかる光熱費が抑えられる。
●タンクにお湯を貯める仕組みである事から、地震などにより水道が断水してもタンクの水を非常用水として活用できる。
●地震などによってライフラインが停止した場合、ガスは復旧に時間がかかるが、電気は復旧が早いため、長期にわたって温水に困ることがなくなる。
●ヒートポンプ技術を使うことで、給湯の省エネルギーが実現できる。

デメリット

●空気熱を利用するという機器の特性を活かせない冬は給湯にかかる光熱費が高くなる。
●貯湯タンクが必要なため、ある程度のスペースを必要とする。
●深夜に運転開始することから、近隣から機械の騒音トラブルになることがある。

エコキュートの種類

各メーカーがエコキュート=自然冷媒ヒートポンプ給湯機を製造していますが、方式は大きく分けて3種類です。

フルオート

リモコンのスイッチひとつで、お湯はりから保温・たし湯まで、すべておまかせの全自動タイプです。
お湯はり完了後も自動で「保温」「たし湯」。

自動給湯
自動保温
自動足し湯

リモコンのスイッチひとつで、設定した湯量・湯温でお湯はりを行います。
入浴中の「たし湯」もスイッチひとつ。

自動給湯
手動足し湯
給湯専用

蛇口から給湯する、シンプルな給湯専用タイプです。
設置がカンタン、操作もラクラク。リフォームに最適。

自動給湯
オール電化トップ
エコキュート
電気温水器
IH調理器
オール電化へ
エコキュート
電気温水器へ
IH調理器へ
電温の商品一覧へ
電温の商品一覧へ
資料請求・お見積りは無料です。TEL:0120-370-275
お問い合わせフォームはこちら
資料請求・お見積りは無料です。TEL:0120-370-275
お問い合わせフォームはこちら

ページ上部へ